ズルズル 足揉み知恵袋 vol29

2015/05/07 投稿

鼻がずるずるする前に今から花粉症対策を開始するべし!

東洋医学では病気になってから医者に行くのは、敵国が攻めてきてから武器を作ると同じであると説明してるんだ!
病気にならない体つくりがもっとも、大切な事と説明しているだがね!
いまからでも花粉症対策をして、少しでも症状をやわらげましょう!
足揉みでは、副腎、小腸、大腸、鼻、目、前頭洞、を良く揉みましょう
他にも、便秘の改善も有効だでよ。便秘すると、肌の状態が悪くなるというのは知ってのとおりだで
これを東洋医学で説明すると大腸と陰陽の関係にある肺が肌や鼻を管理しているんだがね!
便秘の改善(大腸の働きをアップ)=>肺の力がアップ=>肺が管理する肌、鼻の状態がアップ!
と考えるのが東洋医学だで。
抗アレルギー対策には、「べにふうき」も有効だでよ。


 【足もみ情報サイト】 足もみてっちゃん 

 オフィス&イベントへの出張足揉み&教室 行っています。

 詳細は「出張サービス」をチェック 

院長 宮田徹也

メール  techan@asimomi.jp

電話     050-3177-4237

2018.10.17  更新

ズルズル 足揉み知恵袋 vol29