「まごわやさしい」食事は体によい

2014/12/20 投稿

TV番組で肝臓再生には食事が一番ということで、「まごわやさしい」食事が紹介されました。

見ていない人もいると思うので、「まごわやさしい」食事とは

「ま」 豆

「ご」 ごま

「わ」 わかめ(海藻類)

「や」 やさい

「さ」 さかな

「し」 しいたけ(きのこ類)

「い」 いも

上質なたんぱく質や炭水化物をうまくとりいれて、バランスのよい食事をするということ。

この方法は東洋医学の「腎気」を高める食材も多く、体にはよいと思います。

「まめ」(黒豆) 「ごま」(黒ゴマ) 「わかめ」 「しいたけ」(きくらげ) 「いも」(やまいも)

などにすると全て腎気を高める食材になります。

だから、「まごわやさしい」が一番ということなのかもしれません。

ちなみに、味噌汁ひとつでもある程度できます。

「ま」 味噌 豆腐 「わ」 わかめ 「や」 ねぎ 「さ」にぼし 「し」えのき 「い」ジャガイモ

足らないのはゴマのみです。ご飯にゴマをかければ「まごわやさしい」のできあがりです。

あなたもいろいろ試してみてはいかがですか?

今日はココまで


 【足もみ情報サイト】 足もみてっちゃん 

 オフィス&イベントへの出張足揉み&教室 行っています。

 詳細は「出張サービス」をチェック 

院長 宮田徹也

メール  techan@asimomi.jp

電話     050-3177-4237

2018.10.17  更新

「まごわやさしい」食事は体によい