「レスベラトール」を知っていますか?

2014/12/20 投稿

「レスベラトール」は長寿たんぱくと言われる「サーチュイン」酵素を増やす働きを持っています。

この「サーチュイン」酵素はハーバード大学で発見され、異常に長生きする酵素で、細胞を修復して寿命を延ばす働きを持っています。

生物の細胞は細胞分裂によって更新され、その回数には限界があり人間は50回で時間にすると120年。つまり、人間の寿命の上限は120歳とされています。

細胞の寿命が延びれば、人間の寿命も延びるということで、不老長寿の妙薬として「サーチュイン」は学術界で注目の的になっています。

この「サーチュイン」酵素を増やす働きがあるのが、「レスベラトール」で、ブドウの皮、ピーナッツの皮、ユーカリなどに含まれています。

アメリカ中心で研究が行われており、ブドウの皮に含まれる「レスベラトール」を酵母に与えると、寿命が7割以上延びることをつきとめた。

このレスベラトールをもっとも多く含んでいるのが、ブドウの皮で皮ごと摂取できる、干しブドウと赤ワインがお勧めです。

今日はココまで


 【足もみ情報サイト】 足もみてっちゃん 

 オフィス&イベントへの出張足揉み&教室 行っています。

 詳細は「出張サービス」をチェック 

院長 宮田徹也

メール  techan@asimomi.jp

電話     050-3177-4237

2018.10.17  更新

「レスベラトール」を知っていますか?